住宅ローンの諸費用と金利について

憧れのマイホームの購入を検討されている方は多いと思います。
購入に当たりまず必要なのは住宅ローンです。
住宅ローンはネットバンク・銀行・信用金庫などの金融機関から申し込みが出来ます。
住宅ローンを組む際には金利・審査・諸費用がかかります。
審査の合否は約1週間前後かかります。
ローン金利は契約すべてが終了した月の金利が適用されます。
諸費用は、数百万単位が一般的で借入金額によって上下します。
住宅を欲しい!と思っても、実際に自分の物になるまでこれらの内容を1つ1つこなしていかないといけません。
多くの方が申し込み〜3.
4カ月かけてマイホームを手に入れると思います。
自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。
ですが、住宅購入をする際には必ず住宅ローン審査が必要です。
もちろん、数千万単位の現金を一括で支払えれば何も問題ありませんが現実的に見て、そういったケースは数少ないです。
ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。
住宅ローンの審査はローン審査の中でも特別厳しいと言われています。
35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。
審査に通過できない一番の理由は収入面です。
ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。
ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。
住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。
住宅ローンの金利は大きく分けて変動金利もしくは固定金利があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方に、おすすめですよ。
などと言われる事はありません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
どちらの金利にしたら良いかわからない時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。
住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金が出来る時もあるかと思います。
そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。
繰り上げ返済はいつもの支払いとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。
繰り上げ返済をすることによって、ローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額を減らす事ができます。
元の金額が減るので、月の返済金額も減ります。
繰り上げ返済をする時は無料な所と手数料がかかる銀行があります。

住宅ローンの諸費用は消費税増税でどうなる?【消費増税で損するの?】